大学生が個人で家庭教師をしたいのですが、ビラの作り方はどうしたら良いでしょうか?

大学生が個人的に家庭教師をする時に、ビラを作るのは一つの方法として役立ちます。ただし、せっかくビラを作るのであればありきたりではなくインパクトを引き様々な方に見てもらえるような情報を書くようにしましょう。いくつかのポイントを押さえておけば指導先になる家庭の親御さんの目に留まりやすくなるからです。

【書く内容】
・名前
・教化
・対象学年
・何分でいくらになるか
・交通費
・学部
・資格

家庭教師をする際に大学名は必ずしも必要ではありませんが、書いておけば判断材料になる場合もあります。ただし、必要なのは大学何年生であるかということです。例えば、指導先の子供が中学二年生だった場合、大学4年生であれば途中で交代してもらわなければならないからです。

出身の高校名はそれほど重要ではありません。そのため書かないほうが無難だということもあります。また、資格を持っているときは、英検や漢検の場合には2級以上の場合書くようにしましょう。なぜならば、それ以下の場合には比較的取りやすい資格だからです。

しかし、英検の資格を持っていると試験対策にとても役立つと判断されるのでアピールの材料にはなるので記入するようにしましょう。

【連絡方法】
連絡先ももちろん大事なのですが、電話番号やメールアドレスを書くことになります。しかし、個人情報が漏えいしてしまうので、電話番号はできるだけ避けた方が良いでしょう。同様に、メールアドレスでも連絡がつきやすいフリーメールを用意しておけば安心ですし、その後、家庭教師をして始めた時にも管理がしやすいという意味もあるのでおすすめです。

【教材についての購入が必要かどうか】
そして、書き添えておきたいのが教材についての購入が必要かどうかです。指導先でも、購入が必要になればそれだけ経費を考えなければなりません。一方、家庭教師をする人が作ったテキストを用いるというケースもあるのでそのような場合には買う必要がないということを記載しておけば親切です。

このようなポイントを踏まえて家庭教師のビラを作ることによって多くの人に周知させることができるメリットがありますので、個人的に大学生で家庭教師をしたいという人はぜひ、積極的に作ってみましょう。意外にも手書きで書かれているビラの方が、目に留まるという効用もあるので試してみてください。