家庭教師のアルバイトをしたいのですが、ビラ配りや教材販売をしなくてはいけないのでしょうか?

街中でビラを家庭教師を宣伝しているビラを配っている人を見かけることや、自宅のポストに家庭教師を宣伝しているチラシが入っているので、ビラ配りをしなくてはいけないと考えたのかもしれませんが、家庭教師のアルバイトはビラ配りをしなくてもかまいません。

ビラ配りは別のアルバイトのスタッフや宅配をしている外注業者などが行うことがほとんどですので気にしなくてもいいでしょう。また、教材販売についても同じことが言えます。家庭教師の申し込みをする家庭は、家庭教師を派遣する会社が販売している教材を買って、その教材を使って家庭教師に教えてもらうようになっています。教材費は契約する段階で支払われていることから、家庭教師が教材を販売することはありません。

また、教材の販売は専門に行っている担当者がいますので、その担当者が行います。もしかすると、教材について宣伝をしておいて欲しいと頼まれることがあるかもしれませんが、強制ではありません。最初の面接で言われますが、家庭教師として時給いくらで契約するだけですので、他の関係ない業務については考えなくていいでしょう。

ただ、教育関係の教材はたくさん出ているのが現状です。家庭教師として登録している会社の教材よりもいい教材があるかもしれませんし、生徒本人にとって分かりやすい内容の教材があるかもしれません。その辺りは自分が今まで勉強してきた中で、こんな教材が使いやすいということを教えてあげると生徒としては助かりますし、親としてもうれしいものです。

その結果、生徒の成績が上がると生徒本人や親もうれしいでしょうし、家庭教師として働いていてもやりがいを感じる瞬間になります。成績が上がることで、家庭教師を派遣している会社の評判も上がることが予想されますので、会社としても大きな利益につながります。

このように、教材の販売まではしなくてもかまいませんが、何か役に立つをことを教えてあげることで、生徒や親や会社に利益が生まれます。

【『家庭教師のアルバイトをしたいのですが、ビラ配りや教材販売をしなくてはいけないのでしょうか?』のまとめ】
教材の販売はしなくてもかまいませんが、他にもいい教材があることを教えてあげるとみんなの利益につながります。